長野で育った旬なりんごを産直通販しております

  • お電話・FAXでのご注文も承っております
  • TEL 026-292-1300 受付時間 9:00〜17:00
  • FAX 026-292-8355
  • FAX用紙ダウンロード

CA貯蔵のシナノゴールドが店頭に並びました

 お待たせしました。今年もまたCA貯蔵のシナノゴールドの店頭販売を開始しました。(申し訳ありません、直売所店頭のみです)

 普通の冷蔵庫保管ではなく、CA貯蔵といって空気(酸素)と二酸化炭素・窒素を入れ替えたCA冷蔵庫で保管していますので、収穫時と変わらないシャキシャキ感を味わうことができます。是非直売所においでいただき、試食コーナーで味わってご購入下さい。

間もなくリンゴが開花となります

 4月17日(月)に、共和園協近隣の「光林寺しだれ桜」が満開となりました。この桜が満開になると、その後10日ほどでリンゴが開花となります。現在は葉っぱが広がり、中からピンク色の蕾が見え始めています。いよいよリンゴの作業も本格化します。

 リンゴが開花になりますが、直売所では「サンふじ」「シナノゴールド」を販売中です。このリンゴは昨年秋に収穫し冷蔵保管しているものですが、まだまだ美味しい状態で楽しむことができますので、ご賞味下さい。例年ですと、6月下旬まで販売しています。

 その後7月に入りますと、今年収穫するトップバッターの早生の青リンゴ「祝(いわい)」が登場します。

まだまだ美味しい「サンふじ」「シナノゴールド」を召し上がれ!

 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまでやってきています。当組合の大型冷蔵庫には、昨年秋に収穫した沢山の「サンふじ」「シナノゴールド」を低温で保管しています。この時期になっても美味しいリンゴが楽しめます。

 直売所店頭では、リーズナブルな価格での「訳あり品」を豊富に品ぞろえしてお待ちしてます。

 2kg袋詰めから、10kgダンボール、18kgコンテナバラ売り(ダンボールに詰め替えてお渡しします)までご用意しています。

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

昨年は共和園芸農協直売所をご利用いただきありがとうございました。

「荒れる申年」と言われますが、その言葉通りに昨年は春先の凍霜害、夏の干ばつ、9・10月の長雨・曇天、そして一部台風18号による落果や枝ずれなど、自然災害が相次ぎ、リンゴ生産にとって大変厳しい一年となりました。

そんな、大荒れで大変だった平成27年「申年」には早く去って(猿って)いただきまして、新しい年の酉(鳥)年を迎えました。

いよいよ2017年のスタートです。直売所は1月10日(火)から営業を開始しました。

今年は正に酉(鳥)のように大きく羽ばたき、飛翔し、リンゴも豊作で直売所に美味しいリンゴがふんだんに並ぶように組合員ともども一生懸命頑張りますので、直売所のご愛顧をよろしくお願いします。

なお、1月以降も引き続き美味しい「サンふじ」など沢山用意してご注文・ご来店をお持ちしています。

SBCのラジオカーがやってきました

 11月22日は、語呂合わせから「いいふじ」と読めることから、広い意味で長野県では「リンゴの日」に制定しています。この日は、マスコミでもいろいろと番組・紙面記事を企画して、信州産リンゴのPRをしています。
 共和園芸農協にも、SBCラジオ局から真っ赤なホンダフィットのラジオカーに乗ったレポーター「美斉津千夏(みさいづちなつ)」さんが取材に訪れました。そして岡澤組合長に、今年のサンふじの生育状況や販売状況などについて質問してレポートしました。
 当日は、共和園芸農協の直売所前から、来店している大勢のお客様の様子や、陳列されているリンゴの種類、売れ行き状況などもレポートしていただきました。また、岡澤組合長から、11月26日(土)・27日(日)に計画している第44回共和ふじ祭のPRも行い、大いに盛り上がったレポートとなりました。


 

いよいよ11月。サンふじの季節です。

 11月になり、「霜待月」とも言われるだけあって、めっきり寒くなりました。いよいよ今年最後のリンゴ"サンふじ"の出荷が開始となりました。まだまだサンふじ本来の味と、蜜入りにはなっていませんが、日を追うごとに美味しくなります。

  今のところ直売所店頭のみの販売ですが、贈答品の予約受付を開始していますのでご利用下さい。

 

そのほか、直売所店頭では、珍しい次のリンゴも販売中です。

【こうみつ】

昔懐かしいスターキングの実生からできた、甘くて、蜜が入るリンゴです。

【新世界】

 「ふじ」×「あかぎ」の交配から誕生した、甘くて着色の良い濃赤色のリンゴです。

長野県内限定販売「シナノホッペ」販売中!

 長野県オリジナル品種の代表は、リンゴ三兄弟(秋映・シナノスイート・シナノゴールド)ですが、ここにもう一つ「シナノホッペ」が販売開始となりました。

 まだまだ生産量がわずかですので、直売所店頭のみの販売ですが、新しい味をお楽しみ下さい。このリンゴは、「あかね」×「ふじ」の交配により長野県果樹試験場が開発したものです。色は濃紅色、味は甘くて酸味はありません。熟すと蜜が入ります。

 また、この時期晩生種の代表として顔を出すのが古くからある黄色いリンゴ「王林(おうりん)」です。甘い味が特徴で、独特の芳香がたまらなく好きだとお買い求めになる「王林」ファンのお客様も多いです。「王林」が登場すると、間もなく今年最後の品種「サンふじ」が本番となります。

直売所店頭販売のみのオリジナル品種ご紹介

 ただいまご注文による販売は「シナノスイート」「シナノゴールド」がメイン商品ですが、直売所店頭ではオリジナル商品を販売しています。量が限られていますので、お早目に直売所へおいで下さい。

★「ぐんま名月」

 黄色いリンゴで、大変甘く、熟すと蜜が入ります。これからが旬の時期となります。

★「あいかの香り」

 信州で開発された、酸味と甘味のバランスが良い「ふじ」と「つがる」から生まれた新品種のりんご「あいかの香り」です。
蜜が霜降り状に入り甘味が非常に強く、とてもジューシーな味わいです。 また香りも良く大玉で日持ち性も高いのが特徴です。
りんごの酸味が少し苦手という人にはぜひオススメ。一度食べたらまた食べたくなるイチオシのりんごです。

★「陽光(ようこう)」

 古くからある、本当に真っ赤な甘いリンゴです。最近はめっきり生産量が減少し、限られた量のみ店頭販売です。

 

★信州リンゴ三兄弟詰め合わせ「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」

 ご存知リンゴ三兄弟です。すでに「秋映」は注文販売は終了していますが、3種類の袋詰めに限定しての販売です。量は僅少となっていますので、特にお早目にお求めください。リンゴ三兄弟をプレゼントしたい方にお勧めで、3つの変わった味が楽しめると好評です。

信州、リンゴ三兄弟の二男・三男が登場しました

 秋も一段と深まり、これまで販売していた「秋映」次いで、リンゴ三兄弟の二男、三男の「シナノスイート」「シナノゴールド」「の販売が始まり、これで三兄弟が勢揃いしました。

 「シナノスイート」はその名の通り、甘いリンゴの代表の「つがる」×「ふじ」を両親に持つ、大変甘いリンゴでジューシーな上品な味が特徴です。

 「シナノゴールド」は「ゴールデンデリシャス」×「千秋」を両親にもつ、黄色いリンゴで、シャキシャキとした歯触りとジューシーな美味しいリンゴです。また「シナノゴールド」は、大変貯蔵性に優れていて、当組合ではCA貯蔵も利用して翌年7月まで販売しています。

信州で誕生した三兄弟の旬の味を楽しめるのは今が一番です。「秋映」に次いで、それぞれ特徴のある2種類のリンゴの味をどうぞご賞味下さい。

(※注 「シナノゴールド」はただ今、直売所のみの販売です。もうすぐ発送の準備が整いますので、ご予約を受けたまわっております。)

秋本番といえば「秋映」(あきばえ)

 めっきり涼しくなり、信州も秋本番を迎えました。秋を代表するリンゴといえば「秋映」です。いよいよ収穫時期を迎えました。「千秋」×「つがる」の交配により信州で誕生した、濃紅色の独特の色を持つリンゴです。

 甘味と酸味のバランスのとれた美味しいリンゴです。シャキシャキとした食感もまた魅力。冷蔵庫に保管すれば大変日持ちのいいリンゴです。